体内の酵素力を高める食べ物、食事とは?

 

この記事では、酵素を多く含む食べ物やおすすめの調理方法などについてお伝えしています。


 

人間が体内に保有する酵素は、20代をピークに加齢と共に減少していくといわれています。

 

そのため、毎日の食事で何を食べるか?は非常に重要といえるんですね。

 

年齢と共に減ってきた酵素は、食事やサプリで補うしかありません。

 

この記事では、どんな食べ物に酵素が多いのか、どのような食事がおすすめなのかをお伝えしています。

 

 

そもそも酵素とは?

野菜と野菜ジュース

 

酵素とは、人間の生命活動を支えている栄養素の一つといっていいかもしれません。

 

炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、人が生きていく上でどれも重要な栄養素ですが、酵素もその一つと考えられるんですね。

 

体内の酵素が減少すると、健康や美容においてさまざまな不調を感じるようになります。

 

「休んでも疲れがなかなか取れない・・・」
「どうにもスッキリしない・・・」
「シミやたるみが気になるようになった・・・」

 

おそらくは、あなたも経験があるのではないでしょうか?

 

体内の酵素は年齢と共に減っていくため、意識して体の中の酵素を増やすことが必要になってくるんですね。

 

酵素が多い食べ物とは?

女性と野菜

 

まずはじめに認識しておきたいのが、酵素は48~70度の高温で失活してしまうという事実です。
(失活とはその働きが失われたり、活動を停止してしまうこと)

 

つまり、どんなに酵素が多い食べ物を食べたところで、加熱調理した料理では意味がないということになります。

 

そのため、効率よく食事から酵素を取り入れるには、加熱していない生の食材を食べることが大切ということですね。

 

このことを忘れないようにしていきましょう。

 

おすすめの食べ物・食品

種々の野菜

 

生で食べるという前提において、おすすめの食べ物には以下のようなものがあります。

 

野菜

 

生野菜であれば何でもOKですが、一例として、ダイコン、カブ、セロリ、ニンジン、レンコン、キュウリなどがおすすめです。

 

  • ダイコン・・・ビタミンCや消化酵素のジアスターゼが豊富。
  • カブ・・・ビタミンC、カリウムが多く、ジアスターゼも含まれる。
  • セロリ・・・カリウムやカロテンが多いです。
  • ニンジン・・・免疫力を高めるカロテンが豊富。
  • キュウリ・・・ビタミンC、カリウムが多く、抗酸化力にも優れる。

 

1日350g食べることが推奨されていますが、できるだけバランス良く、いろいろなものを食べたいですね。

 

果物

 

新鮮で季節の旬のものであれば、りんご、イチゴ、バナナ、キウイ、梨、桃、みかん、柿、スイカなど、何でもOKです。

 

フルーツはビタミン、ミネラルが豊富で食べ応えもあるので、ダイエットにもいいかもしれませんね。

 

発酵食品

 

菌の力を借りて食材を発酵させて作る過程で、酵素も生み出されているのが発酵食品。

 

納豆、味噌、ぬか漬け、ヨーグルトなどがあります。

 

腸内に嬉しい乳酸菌も摂れるので、一石二鳥といえますね。

 

その他

 

極論をいえば、生の食材であればOKなので、魚のお刺身馬刺しからも酵素を摂ることができます。

 

おすすめの調理法

 

野菜や果物は、そのままサラダやカットフルーツとして食べてももちろんOKなのですが、さらにおすすめの方法があります。

 

それは、すりおろして食べることです。

 

すりおろすことで酵素が活性化され、その働きが何倍にも高まるといわれているんですね。

 

大根おろしは、昔から日本人に愛された食べ方ですが、そういう意味でも理にかなった食べ方といえるかもしれませんね。

 

いろいろな野菜をすりおろしてドレッシングで食べたり、冷製スープにして食べたり、工夫して食べてみましょう。

 

果物に関しても、すりおろしたりジュースにしたりして食べるのがおすすめになります。

 

なお、すりおろして時間が経つと酸化してしまうので、全て食べきるようにしてくださいね。

 

生野菜や果物はどのくらい食べればいい?

種々の果物

 

酵素を取り入れるのに、生野菜や果物が大切というのはわかったものの、どのくらい食べればいいか悩んでしまうかもしれませんね。

 

いくら酵素を摂れるからといって、全ての食事を生野菜や果物、発酵食品などにするのは現実的ではありません。

 

サラダやフルーツだけでは体が冷えてしまいますし、温かい食事もしたいですよね。

 

目安としては、野菜であれば、生野菜と温熱野菜の割合が半々くらいが理想です。

 

ただ、あくまで無理のない範囲で続けていくことが大事になるので、これまで生野菜をほとんど食べてこなかったという場合は、食卓にサラダを一品加えることから始めてみるのがいいと思います。

 

今までフルーツをほとんど食べてこなかったという場合も、朝食をフルーツ盛り合わせにしてみるなど、思い切ってフルーツ多めにしてみるのもいいかもしれませんね。

 

果物は消化が良く、含まれる糖はすぐに脳のエネルギーになるので、一日の始まりにもピッタリといえます。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

酵素は毎日の食事から摂取することができますが、熱を加えてしまうとその効力は失われてしまうので、生の食材から摂る必要があります。

 

ただ、何でもそうですが、いくら体にいいからといってやりすぎは禁物。
無理のない範囲で、コツコツ継続していきましょう。

 

もちろん、食事だけで足りない酵素を全て補うのは、なかなか難しいものがあります。
そんな時は、酵素サプリで賢く酵素不足を補ってみてくださいね。

トップへ戻る